交通事故の体験談をまとめました

交通事故被害まとめ

交通事故の賠償で損益相殺されることもある

障害年金や労災保険給付

交通事故による怪我で、加害者に対し損害賠償請求をしている最中に、障害年金や労災保険給付などがなされることがあると思います。障害年金や労災保険などの給付を受けた場合、これらと損害賠償金とはどのようになるのでしょうか。

仮に、加害者側に100%の落ち度があった場合、被害者は既に障害年金や労災保険給付を受けていても、損害賠償金は全額請求通りに認められるのでしょうか。 一般的に、障害年金や労災保険による給付分は、損害を填補したものとみなされます。そのため、障害年金や労災保険等の給付があった場合、別途損害賠償を全額請求できるとなると、被害者は重複してお金をもらうことになってしまいます。

被害者と加害者間における損害の公平な分担

不法行為に基づく損害賠償請求の制度趣旨の1つは、被害者と加害者間における損害の公平な分担にあります。そのため、被害者が二重にお金をもらうことは不法行為制度の趣旨に反することになるので、給付分について損害賠償額から控除されることが一般的です。このことを損益相殺といいます。

もっとも、年金や保険給付のうち、何が損益相殺の対象にあたるかは、これまでの判例によりある程度決まっています。中には損益相殺されないものもあります。また、被害者自身に過失があった場合、損害賠償額から過失相殺されることになりますが、損益相殺と過失相殺の順序といった法的問題もあります。そのため、損益相殺の対象や過失相殺との関係については、法律の専門家である弁護士に問い合わせした方がいいでしょう。

2016年9月14日