交通事故の体験談をまとめました

交通事故被害まとめ

ウォーキング中の交通事故

公園内のウォーキングコースに向かう途中

ウォーキングを始めて早3年間が経ちました。平日は夜間のウォーキングを30分程度、休日は昼間のウォーキングを1時間程度する事が日課になっています。

夜間は1人ですが、休日は夫とする事が多いのですが、交通事故に合ってしまった時も夫と2人で歩いていました。休日に歩く時は歩道を通り、家の近所の大きな公園のウォーキングコースを歩くのですが、公園内に入る寸前のところで事故に合ったのです。

公園の入り口の手前でスクーター(高齢の方)が突然私の方向に突っ込んで来たのです。あ~、ぶつかる!と思った時には私の腰付近にスクーターがぶつかりました。

乗っていたのは70歳は過ぎていると思われるおじいさんでしたが、「ごめんなさい」と言うと、マズイ事になってしまったと、言いながら何事もなく立ち去ろうとしたのです。

完全に私の腰には異変が出ていましたし(痛み)足からも出血がありました。夫が、「ちょっと待ってください」と言うと、我に返った感じで、スクーターのエンジンを切りました。

その場で夫のスマホから警察を呼びました。警察が来て、事の重大さを感じたおじいさんも家族に連絡を入れて、その場に来てもらいました。

その後私は病院で診断書を取りましたが、おじいさんは任意の保険に入っていない事も分かり、そこからは夫の知り合いの弁護士の方に依頼をしました。現在は話し合い進行中です。

2016年11月29日