交通事故の体験談をまとめました

交通事故被害まとめ

夜勤明けに一瞬だけ居眠り運転

ローンで買ったばかりの乗用車

25歳、5歳の娘を持つシングルマザーです。職業は看護師で、いつも娘を実家の母にあずけて仕事に行っています。

交通事故にあったのは、夜勤明けで家に帰る途中の朝9時ころでした。現場は2車線の道路で、私はローンで買ったばかりの乗用車に乗っていました。

連日の夜勤と、娘の世話で疲れていたのか私は一瞬だけ居眠り運転をしてしまったようなのです。気付いたときは、右車線を走る車と接触して、ガードレールに突っ込んでしまいました。本当に一瞬の出来事で、私の居眠りも3秒ほどの短い時間だったと思います。

私の車がふらふらと右車線に出てきて接触した

すぐに、相手の方が警察を呼び実況見分しました。私は車の外に出たもののショックで座り込んでしまいました。買ったばかりの私の車の前方は、ガードレールにぶつかって大破していました。幸い、相手の方には怪我はなく、ミラーが接触しただけの傷で済んだようです。相手の方は私をとても心配してくださる良い人でほっとしました。彼が言うには、私の車がふらふらと右車線に出てきて接触したようです。

一般的に朝の事故は前日の深酒で起こる事故が多く、私もアルコール検査を行う事になりました。勤務中なので、飲んでいないと言ったのですが規則だとか言われてしぶしぶ応じると、お酒を飲んでいないのに0.15mg以上0.25mg未満と言われびっくりしました。

思いつくのは甘酒で、前日の夜9時ころに飲みました。12時間は経っていますし、そもそも甘酒にお酒は入っていないはずです。車の破損が大きかったので念の為、病院に行くよう言われました。膝に痛みを感じていたので病院に行くと、打撲とむち打ちの診断を受けました。

奈良漬けなどで、飲んでいなくても数値が出てしまうとあると警察の方が言っていました。それでも酒気帯び運転になってしまうらしく、保険が使えるのかとても不安です。車のローンも残っていますし、弁護士に相談して今後の事を相談したほうが良いのか考えています。

2017年11月13日